ABUS Granit X-Plus 540

ABUS Granit X-Plus 540

自転車盗難を防ぐ最低限の装備は構造物と自転車を繋ぐワイヤーロックやチェーンロック。自転車から少しでも目を離すのであれば、この様なロックは必須です。しかし、このサイトでは繰り返し提唱している様に、ロックは盗難抑止に役立ちますが、それを完全に防ぐことはできません。なぜなら相手は盗難犯という「人」です。鍵の状況を見て、様々な工具や方法を使って鍵の破壊を試みるのです。鍵はあくまで「盗難にかかる時間を稼ぐもの」と捉え、盗難危険度や目を離す時間の長さに応じた適切なものを用意する必要があります。

自転車に使われるロックには、ワイヤーロック、チェーンロック、U字ロック(Dロック)、ブレードロックなど様々な形がありますが、特に破壊が難しいとされているのはU字ロックです。その理由として、構造がシンプルで稼動部が少ないため丈夫な素材を丈夫な形で利用できるからです。しかし全く弱点が無いという訳ではなく、シャックル(U字部分)と錠前の接合部のねじり耐性・引っ張り耐性などが指摘されています。また鍵である以上、ピッキング耐性は常に論点になります。

ABUS Granit X-Plus 540

ここで紹介するABUSのGranit X-Plus 540は自転車盗難防止装備として、最強の部類に入るUロックです。日本よりもずっと過酷なヨーロッパの自転車盗難事情の中で多くのユーザに信頼され利用されています。Granit X-Plus 540では、Uロックの基本性能を追求して、またその弱点をカバーする様に次の様な技術が使われています。

●強化スチールのスクエア形状シャックル
●シャックルの両端にロック機構がある(Double Locking Mechanism)
●打撃&引っ張り耐性を高めたABUS独自の錠前の技術(ABUS Power Cell)
●ピッキング&ドリルによる鍵穴破壊耐性を高めたシリンダー部(X-Plus)

強化スチール&四角い形状のシャックルは、丸いシャックルと比べて道具での切断が難しく、またUロックの弱点の一つねじり耐性も高める役割があると考えられます。またシャックルを丈夫にすると今度は引っ張り耐性が問題になりますので、それをダブルロックとPower Cellで押さえ、最大の弱点の鍵穴についてもX-Plusでピッキング&破壊耐性を高めているものと思います。さすがにドイツらしい合理的な作りですね。ABUSは独自のセキュリティランクで商品を格付けしていますが、この商品は自転車防犯カテゴリの最高点数である15点が付けられており、ABUSが各カテゴリでトップに入るプロダクトにつける認定名「Granit」を冠しているのも納得できる商品ですね。

公式ページでチェック

お勧めロック一覧

  • ABUS granit x-plus 540 thumbnail
  • ABUS 440A USH Alarm thumbnail
  • ABUS Bordo 6000
  • ABUS 8807k 110
twitter
facebook