自転車盗難情報登録の手順

自転車盗難情報登録フォームの使い方

盗難情報掲載は登録ユーザのみが利用できる機能となっていますので、まずはユーザ登録を行ってください。ユーザ登録の後、サイトにログインし、「盗難被害に遭われた方へ」のページから登録フォームへ移動できます。

この登録フォームでは、基本情報の入力と、写真のアップロードをしていただきます。基本情報と写真は別々にアップロードしますので、順番に解説させていただきます。

まずは基本情報の登録を解説します

基本情報の登録の手順

基本情報を入力するには、まず次のボタンをクリックして、フォームが編集できる状態にします。

  次が入力可能な状態になった盗難情報登録フォームの図です。必須項目が5つと、任意項目が4つです。しかし全部の項目に入れてもらった方が閲覧者の印象が良くなると思いますので、是非頑張って全ての項目に記入してください。  

各項目について説明します。

  1. 1-発生日時:被害発生の時間を大体で構いませんので入力してください。  
  2. 2-被害場所:「地図で指定」と書かれたリンクをクリックすることでマップによる入力ができます。(詳細後述)  
  3. 3-自転車種類:ロードバイク・マウンテンバイク・小径車・電気アシスト自転車など、その自転車の一般的な分類をご記入下さい。  
  4. 4-メーカー名&モデル名:ブランド自転車などは、ブランド名やモデル名を書いてください。不明なものは不明とご記入下さい。  
  5. 5-カラー:自転車の色を記入してください。例:レッド、白ベース赤ロゴ、メタリックブルー、等。  
  6. 6-自転車の特徴:パーツを交換している、改造している、特徴的な傷、汚れがあるなど自転車の特徴が分かるものがあれば補足でご記入下さい。  
  7. 7-車体番号:分かる方は必ず記入してください。分からない方は不明で結構です。  
  8. 8-防犯登録番号:こちらも分かる場合は必ず書いてください。分からない場合は不明でOKです。  
  9. 9-コメント:被害状況などもあわせて書いていただければ、閲覧者から情報をいただきやすくなります。  

全て入力した後、下部「変更内容を保存する」ボタンを忘れずにクリックしてください。

地図による座標、地名の入力

被害場所の入力は地図を使って行います。「地図で指定」と書かれたリンクをクリックすると次のような地図が開きます。

  • 地図上をドラッグして移動
  • 左側のコントローラを使ってズーム

上記の動作で、被害場所の近くを表示します。次に…

  • 地図上でクリックしてマーカー(赤色のアイコン)を表示
  • マーカーをドラッグして場所を変更

以上の動作で、被害場所にマーカーを移動します。そのとき、地図のウィンドの右下に上の図では「大阪府 大阪市北区」と表示されているように地名が表示されます。エリアによってはこの地名が表示されないことがありますが、問題ありません。場所が決まったら左下のOKボタンをクリックしてください。

フォームに緯度・経度の情報が入っていればOKです。ここで都道府県が入っていない場合があれば、適宜記入してください。不明な場合は空欄で結構です。

写真のアップロード

写真のアップロードについて説明します。このフォームでは写真を3枚までアップロードできます。全体の外観以外に特徴が 分かる写真があればアップロードしてください。

写真はアップロード時にこのサイトでの表示に適合したサイズに自動的に縮小されますので、サイズについて規定はありません。ただし、ファイルの容量は1枚、1MB以下のものにして下さい。

「選択」ボタンをクリックすると、写真を選ぶ画面が開きますので、アップロードしたい写真を選択します。次に「アップロード」ボタンをクリックして、写真がアップロードされるのをお待ち下さい。写真がアップロードされると、サムネイルが表示され、2枚目の写真が上げられるようになります。

写真にはキャプション(説明文)を付けることができます。説明文をつけるにはサムネイル横の「編集」ボタンをクリックします。クリックをするとキャプション部分が記入できるフォームに変化しますので編集を行ってください。

情報の最終登録

全ての入力が終わったら、最下部の「登録する」ボタンを押してください。申請した内容は、CSIの管理者によって内容確認の後、掲示されます。掲示されるときに登録アドレスに自動的にメールが送信されますのでご参考にしてください。

入力の内容によっては、掲載が拒否されることがあります。その場合にも掲載拒否の理由と編集フォームへのリンクが登録メールへ送信されますので、修正をして再度登録をしていただけます。